2016年7月25日 (月)

通所リハビリのお休み

7月は通所リハビリをお休みしている。
原因不明の目まいと体調の悪さが理由だ。
思い当たる事と言えば、
気候の急変についていけないことによる「熱中症」かもしれないし、
脳トレのやりすぎなども疑われる。
また、6月から更新した新しい電動車椅子が
自分に合わないものになったためかも知れない。
あるいは、5月にやった前立腺ガンのの針生検検査の時のストレスも
影響しているのかも?
とにかくいましばらく通所リハビリはお休みして
自宅で訪問リハビリと自主リハビリで過ごしたいと思う。

2016年7月18日 (月)

梅雨明け

7月18日の今日 気象庁が「九州から東海にかけて梅雨明けしたとみられる」と発表した。関東地方の」梅雨明けも近いようだ。
今年の関東は水不足が心配されると言う。梅雨明けで水不足はどうなるのだろう。

2015年12月26日 (土)

MRI検査の結果

12/1(火曜)に済生会栗橋病院脳神経外科で担当の医師から11月のMRI検査の結果を聞いてきました。

「1年前と比較して特に大きな変化は見られない。(小さな梗塞の後はあるかも知れないが・・)。バイ・アスピリンは続けるように、乾燥する季節なので水分補給を十分に」

次回は3ヶ月後の3/1予約してきました。

2015年11月19日 (木)

MRI検査

昨日済生会栗橋病院でMRI検査をやってきました。
MRI検査は3回目なので、検査に対して不安はありませんでした。
この病院で毎年一回MRI検査を受けて経過を見てもらっているので
今年の自分の脳の状態がどうなっているか?
結果が聞ける 次の診察日が楽しみです。

2015年7月 5日 (日)

わが家の新顔

わが家の新顔ムクです。

どうぞよろしく。Muku201575

2015年6月 8日 (月)

通所リハビリの日

今日は通所リハビリの日だ。いつものように朝の5時半に起床する。トイレ、洗面、着替え、朝食の全てで、妻の和さんの介護が必要なので、和さんの起床も同じである。通所リハビリは朝9時に始まるので8時半過ぎに和さんの運転で家を出発する。

通所リハビリでは朝の体操から始まる。 スタッフがテレビで見れるDVDをセットしてくれるので見ながらの体操になるが、四肢麻痺で車椅子の生活の自分にはかなりきつい。できるだけの運動になるので、見ているだけの体操も少なくない。それでも結構つかれる。

体操の後お茶を飲んで水分を補給し、スタッフが付いてリハビリ開始、今日は歩行器で歩く訓練をする。数メートル先に置かれた椅子まで歩き・・・しばらく休憩してから折り返し。これでも結構つかれる。休憩の後で今度は手すりを使い4種類訓練する。しばらく休憩して手の訓練を3種類やる。

お茶を飲んで休憩後、絵手紙の練習、今日はカラーの鉢植えを書いてみる。自己流なので絵手紙はまだまだこれからだ。絵手紙は「へたでいい、へたがいい」と言われる。これを基本に少しやってみようとおもう。 

通所リハビリの日はグッスリ昼寝が出来る。

2015年5月26日 (火)

地震恐怖症?

この頃の金さんは地震恐怖症?かもしれない。
昨日の2015年5月25日14時28分頃も関東地方にかなり大きい地震があった。
午前中の通所リハビリから帰って、金さんが妻の和さんと昼食後のコーヒーを飲んでいる時だった。突然グラッときて・・・横揺れが揺れが結構長く続いた。
昼寝していた猫のマリリンも驚いて飛び跳ねている。
和さんが急いで居間のガラス戸を半分明けて、テレビのチャンネルをNHK総合に回す。しばらくして「震源は埼玉県北部 M5.6」と気象庁の発表があったと放送している。
やや遅れて・・・緊急地震速報が流れる。
少し経つと テレビの画面には関東地方の地図に×印が付いて載っている。
それを見ると「震源埼玉県北部」はまさにこの辺に見える。
地震の揺れが治まってから 和さんが居間のガラス戸を閉める。
「ドアが空かなくなって表に出られなくなると大変だから」
東日本大震災以来、車椅子の生活の金さんは地震には過敏になっているのでありがたい。幸いこの地震の被害がそれほど大きくなかったので安堵している。

2014年7月 1日 (火)

梅雨は苦手

今年は雨の多い梅雨らしい気候が続いている。

車椅子の生活にはこういう気候は苦手だ。

2014年5月26日 (月)

同級会

昨日、妻が中学生時代の同級会に行ってきた。70歳の同級会だからもっと多いかな?と予想したのに、出席者は思ったより少なかったようだ。名簿には7クラスで350名ぐらい載っているのに、出席者は70名もいなかったという。特に女性が少なく20人もいなかったらしい。配偶者を亡くした者も結構いたようだ。会場での話題も、体調や病気・薬の話題などが多く高齢者の同級会そのものだったという。
自分はこのところ中学生時代の同級会に出席していない。会場が長野県の温泉で、日時が寒い3月と言うことで今年も出席を見合わせた。車椅子の生活になってからも妻に付き添ってもらい2、3回参加している。ただし、70歳を超えてからは、旅行も気候の良い時に、夫婦でのんびりとするようにしている。

2014年5月 6日 (火)

早朝の強い地震

昨日の早朝の強い地震には驚いた。気象庁の発表によると東京都心で震度5弱、東京都や神奈川県、栃木県など関東地方の広い地域で震度4を観測したという。金さん&和さんの住んでいる加須市は震度4らしい。
この地震の時、金さんはまだベッドで寝ていたが、結構長いこと揺れたのでベッドの柵をつかんでいた。実は、その強い地震の20分程前にも「ズシン」と一度だけ突き上げるような地震があった時、妻の和さんがラジオをつけていたので目は覚めていた。強い地震の後、和さんが急いでテレビをつけるとまだ揺れている最中なのに、NHKがもう地震のニュースを伝えていた。
わが家の寝室には落ちてくるものや倒れるようなものは置いていない。それは心配ないのだが、金さんが身体障害者なのが一番の心配事だ。この時も地震が落ち着いたので、起きようとしたときに突然足がつって(こむら返り)しまった。はじめてではないので足を伸ばしていただけで特に何もしないでおとなしくしていると・・何とか数分でおさまった。52歳の時に二回目の脳出血になり後遺症のため車椅子の生活になってから、すっかり地震に弱くなった。家族を安心させなければならない立場なのに、悲しいことである。

«新ブログ開始